職場の「LGBT」への配慮は「特別扱い」か。仕事×僕ら 当事者の僕が「在り方」を考える。

こんにちは!男の子が好きな男の子、なつきです。

今日は!

LGBTQの僕が思う、お仕事との関係を!

考えていきたいと思います。

昨今話題ですよね。

「LGBTフレンドリー」な会社とか、「LGBT就活」とか……云々……

確かに、我々セクシュアルマイノリティ(LGBTQ当事者のこと)への社会の「見方」が変わったのは事実です。

でも、どこか

「LGBTとか配慮しないと、周りがうるさいからね笑」
「“流行り”だからさ?」
「ハラスメントもうるさくなったけど、LGBTとかも気をつけなきゃいけないからね」

なーんていう、

「変に気を遣わないといけない人たち」

みたいな雰囲気を感じます。

俺らってそんな「腫物」みたいな存在なん?

ということで今回は!

職場でのLGBTQの扱いについて、まとめていきます!

〇この記事をまとめると!〇

福利厚生と同様、LGBTQへの配慮とは「誰しもが、働きやすい環境」を目指したもの。

一個人が「働きやすい!」と感じパフォーマンスを上げれば、それだけ会社全体への利益(メリット)は大きい。

全体を俯瞰して考えた時、LGBTQへの配慮は「間接的な恩恵」を広くもたらすため、特別扱いとは言えない。

目次

「LGBTQ」に「配慮」することは、何も特別扱いではない。誤解されがちな点。

職場でのLGBTQへの「扱い」について、昨今では非常に注目を集めるところだと思います。

しかし一方で、こうした「扱い」を「特別扱い」と判断する人も多いのではないでしょうか。

まず断言すると、「LGBTQ」への「配慮」は特別なものでもありません。

そのことについて、順を追って、述べていきたいと思います。




福利厚生とは何のためにあるのか。

ここで一度、福利厚生について考えます。

というのも、福利厚生とは従業員に対する「一つの配慮」として捉えることができるためです。

福利厚生とは法律にも明記のあるもの。

従業員のパフォーマンスを維持するため、非常に有用なものです。

有給含め、休暇の多さはその分だけ「働きやすさ」に直結します。

有休もろくに取れない、残業も多い、そんな企業を「働きやすい」とは言わないですよね。

従業員がその会社を「働きやすい」と感じ、能動的にその会社でのキャリアを考えるようになれば、

その企業の利益は計り知れないものになります。

〇要するに〇

福利厚生は従業員のためにあるけれど、巡り巡って

会社のためにもなるよね!ってこと。

育児休暇を「特別扱い」と考える?恩恵を受ける人たち

ではでは、LGBTQへの配慮を「特別扱い」と考える人は、育児休暇をどのように考えるのでしょうか。

子育てをしない人からしたら、それは子を持つ人への「特別扱い」となるのでしょうか。

そうした意識は少ないかと思います。

育児休暇のもたらす「直接的な恩恵」を受けるのは、育児をする本人のみです。

しかし、「間接的な恩恵」は、広く広まると考えます。

育児休暇を取ることができる職場とは、それだけ従業員の休みを確保しやすい環境である、ということです。

育児休暇のみならず、有給やその他休暇も確保しやすい「空気」が、その職場にはあります。

故に育児休暇を取ることがない人でも、安心して休暇を得ることができます。

これは「間接的な恩恵」の一つです。

さらに、育児休暇は、当人のパフォーマンス維持に繋がります。

休暇を取る本人がきちんと療養できれば、それだけ仕事への復帰やパフォーマンスの回復も早いということです。

そうともなれば、同じチームで働く全員に対しても「間接的な恩恵」が働きます。

間接的な恩恵が働く以上、育児休暇対象者の特別扱いとは言えないのではないでしょうか。

〇要するに〇

会社は1人が経営するものではない!

故に一人のパフォーマンスが、大きく周りへと影響するし、その分だけ制度の恩恵も、広く広まるもの。

「育児休暇」も、「当人だけの制度」とは言い切れない!

=特別扱いとは言えないのでは??

「LGBTQ」への配慮も、同じ。

では話を戻しましょう。

LGBTQへの配慮が必要か否か、そしてその配慮が特別扱いになるか否か。

これも、先の福利厚生への考え方と同じです。

まず、LGBTQ当事者は、確実に存在します。

そして「職場での該当者が何名いるから必要!」というものでもありません。

事実、育児休暇や産前産後休暇も、どれくらいの人が該当するか見当がつきませんよね。

そして、LGBTQへの配慮は、同じく「間接的な恩恵」をもたらします。

LGBTQ当事者が「働きやすい!」と感じれば、それだけ意識のレベルから、パフォーマンスの向上につながるためです。

当事者の所属するチームはもとより、会社全体の利益へと繋がります。

 

一見すると、該当する当事者だけの「特別扱い」と、考えられるかもしれません。

しかし間接的な恩恵は広く広まるため、「特別扱い」とは言いきれないのではないでしょうか。

〇要するに〇

従業員個人の「働きやすさ」は、会社にも、同じ従業員にも、利益をもたらすもの。

例え数字として表れることに即効性はなかったとしても、確実に影響はある!

=LGBTQへの配慮も同様に、全体に利益をもたらすもののため、「特別扱い」とは言えない!

結局、LGBTQへの配慮も、一つの手段でしかない。

ここまで、福利厚生への考え方をLGBTQへの考え方に合わせ、述べていきました。

結局のところ、「LGBTQだから」配慮されるべき!というものでもないもないと、言えるのではないでしょうか。

福利厚生の考え方に則するのであれば、

「従業員の働きやすさ」を追求し、会社の利益につなげるための一つの手段として、LGBTQへの配慮は存在します。

他の休業手当とも同様です。

特別扱いでもなんでもなく、一つの手段に過ぎません。

故に、「LGBT」への対応を特別視するような流れや、昨今の「LGBTフレンドリー」と、わざわざ名乗る企業には、正直首をかしげるような思いです。

企業の利益を考えるのなら、従業員の「働きやすさ」を考慮することは当然のことです。

そして従業員の「働きやすさ」を考慮する先に、一つの手段としてLGBTQへの配慮はあります。

「LGBTフレンドリーな企業」とは、ただ単に、この「働きやすさ」を合理的に考えているだけのことです。

それにも関わらず、こうした風潮を過剰に評価するのは疑問でしかありません。

過剰に評価するような風潮が、「特別扱い」のように見えてしまうのかもしれませんね。




ちなみに、僕の勤務先では。

僕の勤務する外資系ホテルチェーンは、「LGBTフレンドリー」なんて名乗っていません。

外資系故に様々な国籍の従業員が働いています。

さらに世界的に名の通るホテルのため、ゲストの国籍も非常に豊かです。

故に、多様性がすごいです。

多様性とは何かと言うと、簡潔に言えばいろんな種類の人がいるということ。

すなわち、それだけたくさんの「違い」が、僕の働く場所では存在しています。

ここでは、「LGBTQ」という個性でさえも、ただ一つの「違い」にすぎないのです。

故に、LGBTQだけを特別に取り上げ、企業として対応しているわけではありません。

 

従業員の間にある「違い」で、「働きやすさ」が損なわれることがないように、対応していく。

これが、僕のいる企業の姿勢です。

「どうしたら、チームメンバーが輝いて仕事ができるか。」

チームメンバー(従業員)が輝いていないと、ゲスト(お客様)をハッピーになんてできない。

こうした考えをもとに成り立つ会社は、日系企業にはまだまだ少ないのではないでしょうか。

なんだか自分の会社自慢みたいになってしまいましたが…w

でもこうした考え方のある企業で働けることには、非常に嬉しい思いです。

最後に!

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

もしいいな!って思ったら、SNS等で拡散していただけたら嬉しいです!

普段はLGBTQ当事者として体験談や思ったことあれこれ…を更新しています!

高校時代の話や、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』『ミッドナイトスワン』などの解釈&感想をまとめたりもしています。

よかったら!チェックしてみてください!

あわせて読みたい
高校時代のこと。
高校時代のこと。同性の友達を、はじめて好きになってしまった頃。高校時代の実話を、小説風に更新しています! 高校生の頃① 『夏、帰り道とデート』 高校生の時、好きだった人がいた...
あわせて読みたい
LGBTQの映画!
LGBTQの映画!同性が好きな僕が!「LGBTQ」にまつわる映画をみてきました。どれも最近話題の名作揃いです。「見どころ」だけでも読んでみてくださいね。 『窮鼠はチーズの夢を見る』...

それから!彼氏さんとのことも書いています!

https://www.amasawa.blog/%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%82/

以上です!また別の記事で……

ばばい!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる