夏、帰り道とデート 高校生の頃①

今回から少しずつ、高校生の頃を振り返っていきたいと思います。
(続けられるかな…笑)

 
過去、高校生の頃のことはおおまかに二つほど記事をあげています。
よかったらこちらもどうぞ。

https://www.amasawa.blog/%e6%80%9d%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%a4/

https://www.amasawa.blog/%e5%88%a5%e3%81%ae%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%82%84%e3%81%a4/

では、初回です。ゆるく読んでくれたらうれしいです。




高校生の時、好きだった人がいた。

それは男の子で、僕にとっての初恋とも言えるものだった。

気が付くと彼を探していて、部活中でも放課後でも、偶然会えたりしないかなんて、よく考えていた。

その気持ちが恋だって知ったのは、いつからだろう。

はっきり覚えていない。

確か、蝉の声がけたたましく響く、夏のことだったと思う。

5階の教室からみる空は、絵具を薄めずにべたっと塗り付けたような青だった。

その青に重ねて、真っ白な雲が、強めのコントラストで浮かんでいる。

それとはまた対象を成すように、教室内は薄暗かった。

じめっとした空気の中で、制汗剤の独特なにおいが鼻をつく。

そこから少しでも逃れるようにして、窓の外をただ眺めていた。

窓から流れる少しぬるめの風でも、あの”シーブリーズ”の強めの匂いを浴びているよりかは、幾分ましだった。

「プールお疲れ様!」

ふいに脇から声をかけられ、意識が教室に戻った。

そこには、体育終わりの彼が立っていた。

「としやは器械運動…だったっけ?」
「そそ、マットなり跳び箱なり。でもこの時期はプールいいよなぁ…暑いもん。」

彼はからは”シーブリーズ”の匂いはしなかった。

(代わりに”ギャッツビー”のにおいがした。)

そこに混ざる彼特有のにおいが、一瞬ふわっとして、

それを「好きだな」と思ってしまった。

 

「でもプール冷たすぎて寒いよ。」
「じゃあ温めてあげるよ!」

 

にやにやする彼は、そのまま僕の手をとった。

恥ずかしさとうれしさが相まって、彼の顔から眼をそむけてしまった。

顔をそむけるその一瞬、ふっとプール特有の匂いがした。

プール上がりの僕からは、きっとあの塩の匂いがしたに違いない。

生乾きの髪を、早く乾かしたくなった。

 

「今度さ、俺の地元くる?」

夏休みを迎える前、そんな話になった。

普段学校近くで遊ぶことが多く、誰かの地元で遊ぶということはあまりなかった。

胸が躍った。

彼と二人で遊べる。

それ以上に、彼のことをもう少し知ることができるんじゃないかと思った。

「うん…!行く!」

高まる気持ちを抑えながら、そう答えた。

 

当時の僕は、彼が好きだった。

でも、その好きが、どんな「好き」なのかが分からなかった。

「友達」「親友」「恋人」という三つのカテゴリーはあるけれど、

そのどこに当てはまるかが、分からなくなってしまったのだ。

どこからどこまでが友達で、親友なのか。

そして恋人なのか。その境界が見えなくなった。

線引きが、できなかった。

それも当然だったと思う。

当時の僕は女の子に「恋」をするのが当たり前で、僕もその例外ではなく、

恋愛感情とは女の子にのみ抱くものだとばかり思っていたからだ。

そのため、最初は彼と「友達」として仲良くしたいと思った。

もちろん、彼にも他の友達がいる。

彼の事を、僕よりもよく知る友達がたくさん。

その点でいえば、敵いっこなかった。

そんな理由からか、彼の地元で遊べることが嬉しかった。

少しでも彼のことを知ることができると思ったからだ。

いつも、彼が帰る道をなぞる。

下校する際、普段バイバイと言ってわかれる改札に入る。

どれも新鮮だった。

彼の地元は、学校の最寄り駅から30分ほどかかるのだが、それも苦にはならなかった。

「こんな道で、こんな風に歩いているんだ」と、彼の見る世界に少しだけ、近づけた気がした。
 

途中、車窓の景色が緑一色になった。

たった30分電車にのるだけで、ここまで景色が変わることに驚いた。

子供のように、ずっと外を眺めていた。

電車は終着駅につく。

彼の地元は、路線の端にあった。

大きな駅で、ショッピングモールと繋がっていた。

待ち合わせ場所に早くついてしまった。

その後少しして、彼がやってきた。

にやにやしながら柱に隠れるようにして、おどけるしぐさを見せた。

子供みたいで彼らしい。

思わず、僕も頬が緩んでしまった。

 

「遠かったっしょ」
「遠いね。毎日大変じゃない?」
「もう慣れた。笑」

 

たわいもない話をしながら、ショッピングモールを散策した。

おしゃれな洋服屋さんが軒を連ね、見ているだけで楽しかった。

「なつきはこの服がいいね!」と彼が思う僕らしい服を合わせたりもした。

帽子を試着し合ったりもして、心なしかデートをしている気分になれた。

でもきっと、そう思っていたのは僕だけだ。

独りよがりな気持ちではあったけれど、嬉しかった。

きっと、普通のカップルは、好きな人とこういうことをするんだろうな…

「本物の」デートをしているカップルを横目に、そんなことを思った。

でも、その時ばかりは気にならなった。

それくらい彼と二人で遊べることが、楽しかったのかもしれない。

お店をまわるうちに、一軒のアパレルショップでメンズアクセサリーを扱うお店があった。

「これかっこいいな…」
「いいね。つけてみたい」

そんなことを言いながら、お店をあとにした。高校生には、少し値が張りすぎていた。

社会人になった僕からすれば、デート先でショッピングすることも容易いだろう。

でも、この時の僕は、将来のことなんて思いもしなかった。

あの時は、今を生きることで精一杯だった。

 

「そろそろ帰ろうか。なつき遠いもんね。」

日がかげり、帰る時間になってしまった。

ばいばいとハイタッチをして、改札を通る。

手を合わせた時の彼の顔も、笑顔だった。

 

もうほとんど沈みきっている日が、最後の薄い光を残して夜を連れてくる。

その境、もう夜になるという瞬間、空は濃ゆい紫になる。

そんな空を背景に、田園風景が流れていった。

イヤフォンから流れる音の後ろから、電車のアナウンスが聞こえる。

 

帰り道は、いつも感傷的になってしまうから、嫌いだ。

あれほど楽しかった時間を過ごしたにも関わらず、帰り道はいつも寂しさを思い出させる。

そして、現実を見せるんだ。

イヤフォンの音を上げ、そこから流れる音楽に集中しようとしても、だめだった。

 

家につき、自分の部屋にこもる。

でも寝るときは家族共有の部屋で寝なければならず、

それが苦痛だった。

泣いてしまうのを抑えながら寝ないといけなかったから。

夜中、家族全員が寝静まるころ、僕はベランダにでた。

熱帯夜と言えど、夜の風は心地よかった。

「……楽しかったのにな…」

かすれた声が、風に流れる。

あんなに楽しかったのに、いつもだめなんだ。

それがつらくてたまらない。

きっとこれはもう、「友達」としての「好き」じゃないんだろうな。

そう思わざるを得なかった。

 

泣かないように、顔を上げる。

半分の月だけが、孤独に光っていた。

 

 

次回の記事はこちら。

あわせて読みたい
プレゼント 高校生の頃②
プレゼント 高校生の頃②今回も、先週と同じく高校時代の事を書いていきます。前回からの続きになっています。まだの方はこちらからどうぞ。夏、帰り道とデート 高校生の頃①では続きです。 ...

そして、1/16日付最新記事はこちらから戻れます。

あわせて読みたい
昔に、戻ったみたいで。
昔に、戻ったみたいで。今回ここでお話することは、だいぶ前に記事にしたものと関わるものです。良かったら、一度この記事を読んでから、読んでみてください。https://www.amasawa.blog/%e5%a4...

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる