「夢」と妄想

初夢ってのがあるらしい。

割と多くの人が、1月1日に自覚した夢を初夢と思っているらしいけど、

実際はそうではない。

1月1日に就寝し、1月2日に目が覚める。この時見た夢が

初夢というのだ。

まぁ、そんなことはどうでもよくって

なんとなく思い出したことがあったから、

昔話として、ここにつらつら書いていこうと思う。



「夢」とは自由でいいものだ。

都合よく現実から逃避できるし、

時に自分の欲望が、具体的なものとして現れることもある。

高校生の自分にとっては、性もその一つで

よく好きな人と、夢の中で「そういうこと」をしていた。

これは一重に自分の妄想と、あわよくば、という取り留めもない欲望なんだけれども、

もし、あの日あの時、

当時好きだった人と「そういう」関係になっていたら、

どんな風になっていたのかな。

自分の過去に「もし」なんてものは存在しないから

きっとこれは妄想に留まって、霧散して消えていくに違いない。

霧散してしまっては勿体ない気がして

こうして文字におこし拙いながらも形を与え、

半永久的に残るであろうネットの世界に放り投げてみる。

そんな試みを、見てくれる人はきっと、

僕にとって神様のような人だ。

だって、こんなにもくだらない

赤の他人の、「妄想」のお話なんだから。

「隠し事」

なんて淫靡なものだろう。

たった一人で抱えるそれは、鉛のように重たく響くものなのに

二人でそれを共有した途端、「淫美」なものに変わる。

休み時間の賑やかな声や音が、遠くから聞こえる。

たった20分の間で、満足にできるものでもないけれど。

校舎の中で、比較的人がこないトイレの個室の中で

「内緒だよ」という声が、幼い耳を刺激する。

きっと君は、いたずらな表情を浮かべているんだろうな。

でも、まじまじとその顔を見ることが叶わないくらい

近くに君はいるんだ。

常識と非常識は紙一重だ。

プラトニックな掟を破った僕らは

二人、隠し事をした。

こんな出来事の続きを描くことが難しくて

初めて、「ああ、そうか」と

現実を見る。

そして好きだった人が「おはよ!」なんて、

あまりに普通に声をかけてくるものだから

ちょっと笑えてしまう。

「今日、夢にお前出てきたわ。笑」
「えwどんな??笑」

僕は「君との、そういう夢」を見たんだよ。なんて言えずに、
意地悪に、誤魔化し笑ってみせた。

あーあ。もし本当に、そんな関係になれたのならいいのに。

朝、わずかな時間で見た夢のせいで、

一日、気持ちが上の空だ。

きっと誰かを好きになることって、こういうことなのだろうな。

 

もし、あの時本当にそういう関係になっていたら、と思うこともなくはない。

当時はもちろん、強い願望として持っていた気持ちだが、

今となっては、単純な、興味の一つだ。

けど、「そういう関係」に、ならなくてよかったのかもしれない。

だって、そのおかげで、今こんな風に昔のことが

文章として描けているのだから。

もしあの時、身体の関係でも、心の関係でも

現実よりも近しいものになっていたら

もちろん当時の自分にとっては幸せかもしれない。

でも、きっとそこから見える世界は、「つまらない」だろう。

何事も、世界が終わるかのように、大げさにとらえてしまうのが

思春期だった当時の自分だ。

高校時代が平凡に終わっては、

今の自分は、もっとつまらない人間になっていたと思う。

 

「初夢」と聞いて、思い出したのが

昔たまに見ていた「好きな人との、性的な夢」でした。

皆さんはどんな夢を見ましたか?

今年も、いい一年になりますように。

あけましておめでとう。

 

 

その他、高校時代の記事はこちらから。

あわせて読みたい
高校時代のこと。
高校時代のこと。同性の友達を、はじめて好きになってしまった頃。高校時代の実話を、小説風に更新しています! 高校生の頃① 『夏、帰り道とデート』 高校生の時、好きだった人がいた...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる