好きな人と球技大会と 高校生の頃④

今回も、高校時代の事を振り返る記事です。4回目になります。
初回の記事、前回の記事はこちらです。まだ見ていない方よかったら。

夏、帰り道とデート 高校生の頃①

修学旅行と図書館 高校生の頃③

それでは4回目です。どうぞ。




思春期特有のものなのだと思う。みんな、どんどん変わっていってしまう。

僕と仲良かった周りの友達も、少しずつではあるけれど「女性」を知っていった。

それが、寂しかった。

何も知らない子供だった僕らは、いつしか異性の誰かを好きになって付き合って、結婚し、子供を授かり家族になる。

「男」である僕らは、女性を好きになって、そうして大人になっていくんだって

周りの大人から、そう教わったんだ。

周りは徐々にではあるけれど、大人になっていった。

誰かを好きになったり、付き合ったり、そういう話は僕の周りにはなかった。

ただ学校のみんなは、誰かと付き合うことをステータスのようにしていたし、事実、一か月もしないうちに別れるカップルも多かった。(むしろそっちの方が多かった。)

でも「女の子についての話題」が、少しずつ増えていったようにも思える。

僕はみんなと同じ「大人」にはなれないな……。

そう、齢16にして悟ってしまったのだから、ある意味で、僕はみんなよりかは幾分「大人」だった。

「なつきのこと、気になるって言ってたよ。」
「誰が?」
「新島さん」

最近、その「新島さん」界隈がざわついているのは知っていた。

僕を見てはざわつくのだから、嫌でも気づく。

「少し絡んであげたら?」
「そうだね。そうしてみる。」

こういう、少しざわつく雰囲気は嫌いだ。彼女のことが嫌いなんじゃない。
周りがはやし立て、盛り上げようとする雰囲気が嫌いなのだ。

僕は足早に、教室を後にし、廊下にでる。

休み時間のにぎやかな廊下には、何故だか居場所がないように感じられた。

誰かのこと、好きになろうとして、好きになれるものなのだろうか。
そんなことを考えてしまった。

彼女が欲しい。彼氏が欲しい。そんなセリフが耳に入ることも、心なしか増えた。

欲しいから探す…そういう考えは理解できなかった。現に僕は今片思いをしているんだし、

これは好きなろうと思って好きになったわけではない。(そうだとしたら、初めから男の子なんて好きにならない。)

そう思うからなのか、周りのコイバナには辟易してしまう自分がいた。

僕は今、彼を好きになってしまっているのだから。

放課後、学校近くのショッピングモールにきた。この日は部活もなく、としやと二人で、服を見てまわった。

「なつきさん、新島さんとはどうなの?」

としやが唐突に聞いてきた。彼女の件は、彼も知っていたようだ。

「メールしてるだけ。これといって何もないよ。」
「ふーん。なつきさんも女の子と付き合えばいいのに。」

「まぁ…いい人いたらね。」

 

「好きな人がいるからね。」そう言おうとしたけれど、やめた。

好きな人がいる。そう言った時の彼の反応を見るのが、怖かったからだ。

彼のことだ。きっと「だれだれ?」と笑いながら聞いてくる。そんな気がしてならなかった。

そんな顔を、面と向かって見ている自信が無かった。

どうしてか悲観的になってしまう。本当は「としやが好きだよ」と伝えたいのに

今の関係性が壊れてしまうのが怖くて、何もできずにいる。

だから、今のまま、
「もしかしたら、彼も僕のことを好きになってくれるかもしれない」
という可能性を、残しておきたかった。

「もしかしたら」という可能性の中で、生きていたかった。

ある意味、「夢」みたいなものだ。永遠を望んでも、いつかは覚めてしまうことを理解している。

でも、夢を見ていないと、きっと自分を保っていられないような気がするから、なんとか目を覚まさずにいようとする。

いつかは現実に目を向けることになる。でも今だけはこのままで……そう願ってやまなかった。

僕の高校は、前期後期の二学期制だった。後期になり球技大会の季節になった。

サッカーとバスケの選択制で、バスケを選んだ。小学生のころ少しだけバスケの経験があったためだ。

いつも仲良くする(週末カラオケに行く)メンバーのほとんどがバスケを選んだおかげで、すごく楽しかったのを覚えている。

ただとしやだけがサッカーを選んだため、一緒にバスケをすることはなかった。

仲がいいメンバーの中でも、バスケ部経験者はひとりだけだった。

「まぁいつきとなつきがいるし、大丈夫じゃね?」そんなノリでチームが組まれた。

彼はいつきといって、僕と名前が近く親近感を覚えていた。

少し細身で身長が高く、いわゆる「イケメン」ではなかったが笑顔が魅力的な子だった。
彼もとしやと同様、人懐っこい性格だった。

「俺となつきがいれば優勝だよね」

彼は笑いながらそう言って見せた。

「サッカーはとしやがいるし、安泰だね。」

「まかせろ!笑 応援いくから、みんなもサッカーみにきてな?」

球技大会があったのは冬の手前、少し肌寒くなる時期だった。バスケはそこそこの成績で順位を上げていった。

僕のパスからいつきのシュートに繋がる瞬間が最高だった。

ハイタッチをしてチームでハグし合って試合を終えた。

 

「じゃあサッカー、応援に行こうか」

半袖のシャツの上からジャージをはおり、グランドに向かう。丁度としやたちの試合が始まる少し前だった。

「試合勝った?お疲れ様!」相変わらずとしやは元気だ。

グランドの前にあるベンチに、僕、としや、いつきが腰をかけた。

「試合の時はジャージいらないからもっててね。」

周囲が一瞬にして暗くなる。

突然としやがジャージを脱ぎ、それを僕の頭の上から着せるようにして、かぶせた。

顔が熱くなるのが分かった。こういう時本気で照れてしまうと、周りの目が気になってしまう。

でもそんなことを気にする必要はなかった。

僕の顔は、彼のジャージの中だからだ。きっと恥ずかしいくらいにいろんな感情が、顔に出ていたと思う。

急なことで驚き、びっくりして、恥ずかしくて。

当然ながら好きな人のにおいがするものだから、嬉しくなり、顔がくずれているような気がした。

そのまま彼のジャージを着ているのも恥ずかしいから、そっと脱ぎ、綺麗に畳んで膝の上に置いた。

ようやく顔を上げると、どうやら試合がもう始まるという時だった。

ベンチから離れグランドに向かうとしやの背中が見えた。

短い髪で、少し低めの身長。それでも体は鍛えられているからか、頼りがいのあるように見えた。

普段にこにこしながら笑っている、そんな緩めの雰囲気のある彼だ。でもこの時は、かっこいいと思ってしまった。

膝の上にある、彼の苗字が書かれているジャージを、少しだけぎゅっと、握った。

試合は好調で、僕のクラスが優勢だった。としや含めサッカー部が多いためだ。クラスメイトがシュートをきめる度、クラスから黄色い声援があがる。

そんな中、としやもシュートを決めた。グラウンド中央からパスをもらい、ドリブルでゴールとの距離を詰める。

キーパーの隙をつき、長めのシュートを放った。

普段のとしやとは、少し違った。もちろん彼が部活をしているところは目にしたことがある。

でも、彼のプレーを、ここまできちんと見たのは、これがはじめてだった。

グランド中を駆け回る彼は、普段の姿から想像できないくらい鋭いものだったと思う。

それでも、他のメンバーに見せ場を作るような動きをしていた。そこが、彼らしくもあって、少し嬉しくなった。

「おつかれ。」
「ありがとー!」
試合の後、としやが戻ってきた。

「シュートきめてたね。かっこよかったよ。」
「うん!楽しかったよ。」

グランドを出た彼は、普段通りの彼に戻っていた。

「次なつきまた試合あるんだっけ?見に行くね」
「ありがとう。サッカー勝ったし、バスケも勝たないとね。」

秋中ごろの乾燥した風が吹き、砂が少しだけ舞う。

汗も乾かぬままの体を翻し、木の葉と砂の舞うグラウンドに背を向け、階段をのぼった。

体育館は校舎の二階にある。次は僕の番だ。

ジャージは彼に持っておいてもらおうかな。

そんなことを思いながら、軽い足取りで、体育館へと向かった。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる